新規の住宅ローン相談や既存のローンの借り換えに関しては銀行がインターネットを活用するようになり、時間や場所の制約を受けずにできるようになりました。便利で手軽になってよいことです。

逆に困ってしまうのは

・銀行に断られてしまって理由がわからない。

・転勤等で前の住まいはそのままにして新規で購入したいけれどどうすればいいのか。

・投資用の物件を保有していて、いざ自宅のローンになったら受け付けてもらえなかった。

・独身時代に親と一緒にローンを組んでいて結婚後の新居のローンが組みにくい。

等のやや複雑なケースの場合は、相談先が意外に少ないということです。

新規の住宅ローン相談や既存のローンの借り換えに関しては銀行がインターネットを活用するようになり、時間や場所の制約を受けずにできるようになりました。便利で手軽になってよいことです。

逆に困ってしまうのは

・銀行に断られてしまって理由がわからない。

・転勤等で前の住まいはそのままにして新規で購入したいけれどどうすればいいのか。

・投資用の物件を保有していて、いざ自宅のローンになったら受け付けてもらえなかった。

・独身時代に親と一緒にローンを組んでいて結婚後の新居のローンが組みにくい。

等のやや複雑なケースの場合は、相談先が意外に少ないということです。

 

相談先としていくつか考えると

金融機関は個々に基準や商品特性があってそれに対してOKかどうか判断するということになるので恥から相談していくしかないのが実情。

ファイナンシャルプランナーはリスクを避けて最も安全な策=何もしないという提案が多い。

不動産業者は自分の取り扱い物件を販売するためには動いてくれますが、そうでなければ問題解決の手伝いはしてくれない。

といった対応になりがちで、実際的には相談しづらいと思います。

 

不動産に係わるローンに関して、個々の状況に合わせて調査し、有効な解決策を提案します。

ローンがある住まいを売却する前に新居を取得してスムーズな住家の実現、あるいは既存のローンを適切に借り換えたりオフバランス化して実質負担の軽減を実現など、普通より少しスマートな処理の仕方があります。

 

必ずしも不動産の購入は伴いませんので、ローンのみののご相談と問題解決に当たっては実費とフィーを頂戴します。

  購入・売却相談、借地・底地問題、不動産相続、資産活用相談

お問合せは下記ボタンからお願いします。

◇ 初回相談は無料です。

◇ ご相談エリアは東京・神奈川・千葉・埼玉です。

◇ お電話の場合 070-2327-6936
 (受付可能時間 10:00~21:00)