住宅・不動産の仕事に係って気づけば38年たってしまった。
ポリシーも何もない自分が同じような仕事を続けてきて、おそらくこのまま後10年位は似たようなことをやっていくのだろうと思う。

住宅・不動産といってもその中身は意外と幅が広い。
開発をして分譲地を作るような仕事もあれば、マンションを建築するのもその仲間に入るだろう。建築や土木に関することはどちらかと言えば技術系の人の仕事。
幸か不幸か、数学で躓いた僕は文系になってしまったので営業・事務系だ。
その中でも賃貸営業や経理・財務などではなくて売買営業・建築請負営業専門で過ごしてきたから、ずっと現場で物件・案件そのもにのの成立から見て、顧客に説明しする仕事で過ごしてきた。

特に住宅系の仕事ばかりなので、顧客の関心事項の最大のポイントは結局のところ安全性に収斂していたように感じてきた。
住まいの安全とはつまり「その場所の安全性」であり、近年相次ぐ自然災害に関しては人智を超えたものではあるが、歴史的に見れば繰り返されてきたことで、知見を積み増すことでより的確な案内ができるようになると考えてきた。


菱沼勇 歴史が眠る多磨霊園の記事にリンクします。

中でも決定的にそれを感じたのは、菱沼勇氏の「武蔵国式内社の歴史地理」を図書館で見つけて読んだ後であった。

自分は、神社は墓所であるとの事実と、その地理的な位置づけと受け止めた。
祖先崇拝はある程度普遍的な人類の信仰だと思うがゆえに、その事実を知見として活かすことはできないかと考えてはいた。

神社等の位置を災害との関係で把握したいと思っていたのだが、いかんせん時間も資金も根気もないので手を付けずに過ごしてきてしまった。

気づけば人生半分をとうに過ぎてきたが、便利なことにインターネットでメモを蓄積していけばいずれデータがまとめられることに気づいたのが最近のこと。

ウエブサイトに記事を適当であれ中途半端であれアップしていけば、その構造から言って自然に分類整理されていく。

本当は相模・武蔵の神社と謳って始めたいところだが、どうせ中途半端になるのは目に見えている。
地元の歩いていけるところから少しずつメモをためていこうと思っている。

実際に現地に行くまでは現地写真はアップしない予定です。

① 杉山神社  〒230-0078 神奈川県横浜市鶴見区岸谷1-20-61

② 鶴見神社  〒230-0051 神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央1ー14ー1

③ 道念稲荷神社 〒230-0052 神奈川県横浜市鶴見区生麦4-27-21

④ 生麦神明社 〒230-0052 神奈川県横浜市鶴見区生麦3-13-37

生麦水神社  〒230-0052  神奈川県横浜市鶴見区生麦4-31-27

⑥ 東関森社 〒2230-0051 神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央1-21-24

⑦ 神明社  〒2230-0051 神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央 5-1-10

⑧ 朝暘山八幡宮 〒230-0063 神奈川県横浜市鶴見区鶴見1-10-10

⑨ 白幡神社 〒230-0077 神奈川県横浜市鶴見区東寺尾2-10-9

⑩ 寺谷熊野神社 〒230-0015 神奈川県横浜市鶴見区寺谷1-21-7

  購入・売却相談、借地・底地問題、不動産相続、資産活用相談

お問合せは下記ボタンからお願いします。

◇ 初回相談は無料です。

◇ ご相談エリアは東京・神奈川・千葉・埼玉です。

◇ お電話の場合 070-2327-6936
 (受付可能時間 10:00~21:00)