奇妙な取り合わせ

 ※ 商工会議所 LOBO 調査

さて昨日いつもの用にヤフーのニュースを眺めながら電車に乗っているとき並んでいるニュースが奇妙だった。

ひとつは、業況DIは足踏みというか3か月連続の悪化。

もう一つは、バブル以降の日経平均最高値。

※ JIJI.COM

二つのニュースが並んで、やはりそうだよなと思った。

アメリカでへんてこな大統領が誕生して、盛んにかの国の分断が報じられ、分断による失われた階層がどうやら大統領の支持層らしい。分断され失われた(何を)?階層のエネルギーを吸収するための政策をとっていると考えれば腑に落ちる。

中国では、国家主席の延長を手にして、党主席そして伝説を目指すかのようなプーさんが、強権をふるっているらしい。強権が必要なのも内部は分断され本来主役であった農民階層と都市住民との分断、漢民族と少数民族の分断を抑えるためと考えるのが妥当だと思っている。

誰とでも仲良くして地球儀を俯瞰するのが得意のわがソーリも足元が見えていないのか、見えていてもわかっていないのか、世の中はどちらにせよわかりきっていた方向に向かっていて、つまり日本も分断されていることの問題がおそらくそう遠くない時期にはっきりとしてくることに対して、何の処方箋も持ち合わせていないようだ。

株価が上昇しても、不動産価格が上昇しても、それをもたない層が存在して、私も含めそうした階層には迷惑なだけだということ。
逆にそうした資産を保有する層にすればより資産が増加し(たようには少なくとも見える)、親が資産を保有していればその子孫も最初から下駄をはいて人生を渡っていきやすくなる。

私は、近代以降の戦争(国内・国際問わず)はおおよそ、何らかの分断が大きくなった時にあたかもその精算をするかのように起こってきたと理解している。
日本で内戦がおこるような事態は織田信長・豊臣秀吉・徳川家康のおかげでたぶんあまりないだろう。何しろ蜂起しようにも武器がない時期が400年とか長すぎる。

中国やアメリカはじめ諸外国は違う。
果たして我々は子供たちに私たちと同じような平和な人生を引き継いでいけるのか。
じい様の影ばかり追ってるような坊ちゃんに務まる時代ではないように思うのだが。

 

2018-10-03

 

Follow me!

  購入・売却相談、借地・底地問題、不動産相続、資産活用相談

お問合せは下記ボタンからお願いします。

◇ 初回相談は無料です。

◇ ご相談エリアは東京・神奈川・千葉・埼玉です。

◇ お電話の場合 070-2327-6936
 (受付可能時間 10:00~21:00)

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です