マイナンバーカードの電子証明更新のこと

マイナンバーカードの電子証明書の更新のタイミングになった。

「電子証明書」なのに役所に行かないと更新できない・・・・
運転免許のような視力検査や講習があるのならまだ理解もできるが何のためにいくのか理解しがたい。
住まいの地域の役所は、手続きは完全予約制だとういう。予約は40日後迄できるが全く空いている日がない。

横浜市に問合せしたら、

① 有効期限が切れても更新できます。
② 予約なしで来庁されても手続きできますが待ちますので了承してください。

という丁寧な返信をいただいた。
担当の方はさぞ大変なことだろうと同情を禁じ得ない。

わずかな想像力があれば、運転免許でさえ大きなセンターを作って対応しているのに、通常の役所の業務にマイナンバーカードの手続きを処理する能力があるはずがないことは予想できたはずだ。
制度設計したのはよほどの馬鹿の集まりなのだろう。

毎日新聞より

今般、新政権となってデジタル庁を創設するらしい。
新総理はメガバンクの統合に伴うシステムの再構築にどの程度の費用と時間が必要だったか深刻に考えたことはあるのだろうか。
というよりだからこそ新たな組織の立ち上げなのだろう。
エンジニアのうわさでは銀行のシステム統合では長時間低賃金のエンジニアにとっては地獄のような仕事だったらしい。民間だからコスト管理は下請けにしわ寄せしたのだろう。
これを役所がやるとどうなるか?おそらく数兆円の仕事が発生し、大手ベンダーは潤うだろう。そしてそこには巨大な利権が発生する。
主管するのは総務省になるとすれば新総理の掌の上。

制度をより使いやすくする必要はとても強く感じるが、透明で公正な手続きを国民に求める以上、自らも李下に冠を正さずの姿勢を明確に示して進めてもらいたいものだ。
IRに関する態度や記者会見での対応など、かの人は人に言えないことが多すぎる気がするのだが。

2020/09/23

  購入・売却相談、借地・底地問題、不動産相続、資産活用相談

お問合せは下記ボタンからお願いします。

◇ 取扱物件の内見希望もこちらからお願いします。

◇ 初回相談は無料です。

◇ ご相談エリアは原則として 東京・神奈川です。

◇ お電話の場合 070-8403-0405
 (電話受付可能時間 10:00~21:00)

◇ 問い合わせ先住所 
  〒230-0078 横浜市鶴見区岸谷4-27-14-415

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です