fbpx

増税確定のようで@鶴見20221216

NHK] WEB

軽軍備で敗戦から80年近く突っ張ってきた日本だが、世界が物騒になり、やはりお祈り平和主義ではどうもまずいんじゃねえかかということで軍事費(防衛費と以下言うのはやめたほうがいいと思うよ)を倍増することになりそうであります。

今のところ国家を超越した権力機構はないし、それがいくつも存在するのだから争いも避けがたい。
生存競争ということなのだろう。
赤い鳥と青い鳥で能力にさして差があるわけでもないのに、どちらも自分の色を保存するために嘴突き合わせて戦闘したりするようなもの。結局紫になって一緒になったりするかもしれないし、全部が赤い鳥になるのかもしれない。
お祈りしていれば、よその国が攻めてくるたびに台風が来てくれるわけでもない。
ある場所におぎゃんと生まれてしまえばたいていの場合そこには国があり国民ということになってしまうのと引き換えに、国家はその国民をいろいろ守ることに今のところなっている。税金やら負担も強いられるが、保護もしてくれるので致し方ない。警察や消防が必要なように、国家外の侵入者というか争いに対応する手段の手当ては必要という点は、それほど異論がないのではなかろうか。

様々な経緯で日本の立ち位置はとても「あいまい」になっていて玉虫色。そろそろ旗幟鮮明にしないわけにもいかんだろってことなんでしょう。今の世界の対立軸はなぜかもともと共産主義の洗礼を受けた大国が気が付けば専制君主の国になっていて、公共放送などでは権威主義的な国家と民主的な国家と区分してるようだ。
今の日本では主義主張を公然と述べたことで殺害されるような事態は極めてまれだが、どうもそうじゃない国連安保理事会常任理事国がいくつもあるらしい。さすがにそれは勘弁してもらいたいのは我々平民のみならず、そのような体制が何を招いたか敗戦国としてわかっているから、今後どちらにつくかははっきりしてる。(個人的にかもしれないが)

それはそれでいいとしか言えない。

今回の増税の話は2年先の増税で財源をどうしようかという、ある意味呑気な話であります。
そんなペースの議論でいいのかなとは思うが、それはさておき、増税の方向が相変わらずバカなんだと思う。
軍事予算なんぞ基本のきなので国債に依存するななんてありえない。家計でいえば住宅費みたいなものだろう。
それは稼いだ金で賄うのが筋だろう。
政治屋さんたちの中にも当然そうした筋論に人もいる。そうではないひともいるようで対立しているようだが、よく聞いてると。増税議論は今じゃないみたいなこと言ってるようだ。
それ今しないでいつするの?って気もする。増税は政権にとっては政治的な大きな冒険。増税を打ちした政権はことごとく倒れてきてるように思うんだけど。岸田聞いてるふりソーリは意外と頑固だね。政治生命かけてる感じはする。逆に時期を問題にしてる方はそこまでの覚悟がなさそう、そんな印象。

ただ現ソーリはどうも経済は得意じゃないようだ。
インフレ・金利上昇・資源の争奪などもろもろ問題山積のなかでの動きとしては話にならないレベルだろう。
子供でも先にお小遣いの額決めてから買うもの決めないのじゃなかろうか。
やること先に議論してから総額と財源に議論になるのが当たり前だと思うけどな。

通常国会乗り切れそうにないなどと予想していますがどうなるのでしょうかね。
景気冷えるのは困りものだけど、もしかするとデフレよりスタグフレーションのほうがましかもしれないとか、インフレで金利上げていったほうが、メリット大きい気もするし。
いずれにせよフローへの増税は賛成できない、ストックへの課税の強化で十分財源確保できると思うし。

どうも通常国会では法案等出さないようなので現時点ではアドバルーンなのだが、気が付くとろくでもない仕組みになっていく可能性結構ある。
3月までもそうだろうが、来年は今よりずっと情報しっかり追っかけておかないいけないようだ。
足元救われぬよう頑張るだけだ。

  購入・売却相談、借地・底地問題、不動産相続、資産活用相談

お問合せは下記ボタンからお願いします。

◇ 取扱物件の内見希望もこちらからお願いします。

◇ 初回相談は無料です。

◇ ご相談エリアは原則として 東京・神奈川です。

◇ お電話の場合 090-3524-0523
 (電話受付可能時間 10:00~21:00)

◇ 問い合わせ先住所 
  〒230-0078 横浜市鶴見区岸谷4-27-14-415

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました