韓国徴用工のニュースのこと

「資産売却なら韓国に対抗 政府、元徴用工問題で複数案」

日経新聞WEB版の記事

単純に誰が得するのかよくわからない両国の争い。
韓国の主張も理解できないではない。日本は半島に残してきた資産を何とかしようという下心有の交渉をしてきたらしいのであいまいなのかもしれない。
戦時中、朝鮮半島に拠点を持っていた企業グループにいたことがあるので、残してきた資産(その会社は主として現在の北朝鮮に拠点があったが)の大きさの話は若いころ聞いた記憶がある。その資産ゆえにしばらくの間北朝鮮が経済的に優位に立っていたというのだから。

韓国が北の経済力に脅威を感じていて、お前んとこの資産はもう帰って来ないんだからわが国民の請求権もひっくるめてカタつけてしまおうぜ、みたいな話だったのかなと想像する。
当時の東西対立の状況で考えれば、とにかく国力の増強が喫緊の課題だったのかなとも思う。

逆に現在の政権でチュチェ思想主義者でもあるといわれる文氏は、未精算とされる北朝鮮のことも念頭にあるかもしれないし、とはいえここで請求権蒸し返すと鴨緑江のダム資産補償しろみたいになったりしてなどとも思う。当時は賛否はあるもののそこは日本国土であってそこに民間が作った固定資産だからななどとも思う。

それにしても不毛な話で、一般国民には両国とも何のメリットもなさそう。
出口のない方向にお互いわざわざ突っ込んでる気がしている。

大局的に見れば、半島の覇権は長い間大陸の大国が握っていたので、そこらの思惑もあるのかもしれない。
難しいことはよくわからないけれど、すぐ近くの親戚同士の国で争うのは良くないと思う。
特にCOVID19のような国も人も選ばない疫病が来ているようなときにこんなことやっていても無益だ。

ホジュンだったらどう考えるだろうね。

パク・ウンビン よかったな・・・

2020/08/04

  購入・売却相談、借地・底地問題、不動産相続、資産活用相談

お問合せは下記ボタンからお願いします。

◇ 取扱物件の内見希望もこちらからお願いします。

◇ 初回相談は無料です。

◇ ご相談エリアは原則として 東京・神奈川です。

◇ お電話の場合 070-8403-0405
 (電話受付可能時間 10:00~21:00)

◇ 問い合わせ先住所 
  〒230-0078 横浜市鶴見区岸谷4-27-14-415

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です