鶴見花月園公園2020年7月9日

                           URホームページ

京浜急行の駅名が「花月園前」から「花月総持寺」に変更になってしばらくたった。
僕が物心ついたときにはこの場所は競輪場であって、そこに付帯するような感じで小さな公園と子供のための施設「こどもセンター」があってピンポンやったり、本読んだり、ザリガニとったりの場所だった。
その昔、この場所は花月園という遊園地が東福寺の寺領と思しきエリアを開発いして作られた。今のディズニーランド見たいなモノ。のちに経営破綻したらしい。そのころ今の岸谷公園は池がありオリンピックの練習場になってたというから、岸谷公園プールはなくしちゃいけない(関係ないけど)

競輪がすっかりすたれて、施設が解体されるようになるまで、中ではゴルフの打ちっぱなし練習場なんかやってたりした。
結局鶴見の雄、松尾様でも支えきれず(?)URともともとの土地の所有者神奈川県で再開発ということになって、なんだかんだで防災公園になることに。
松尾様持分いくらだったんだろうと下種な勘繰りはさておき、すぐ隣は総持寺の広大な墓地があるので、火災の時などはそこに逃げ込めばとりあえず難を逃れることは可能だが、万が一にも線路から海側などが震災その他で浸水被害にあったりした場合、まさか墓地で対応し続けるわけにもいかないだろうから、高台の公有地の利用としては妥当なところ。

旧日本鋼管(現JFE)社宅跡地はURがマンションにする、分譲か賃貸かはよく調べていない。
NKK日本鋼管の社宅のころお邪魔したことありますがコンパクトな2Kくらいのお部屋だった気がする。その前は木造の長屋みたいなものだったので立派だなと思ったが、既に社宅も会社もない。

ともかく、所用あって公園予定地のまわりをぐるりと回ってきた。(実は久々だ、自宅から最短でてっぺんまで上がるルートは工事のため閉鎖されてしまったので)普段JR駅に向かう方向から見ていると何年も何も進んでいない気がしていたが、裏側(失礼!)に東台方向に回ったら様変わりしていた。
敷地内に、かなり高低差があって東側には往時は弁天池があった場所で野球ができる広場と、競輪場のスタンド入り口だと20mは差があったのではないかと思うが、ほとんど平坦・あるいはなだらかに整備されていた。
しかも、公園としての開園は来年春のはずなのに、もう東屋とトイレもたってるではないか。
 今の自分の住まいからだと、えらく坂を上らないと公園にたどり着かないと思い込んでいた。なにせ自宅はバス通りからは20メートルくらい高い場所で競輪場の入り口はそこからさらに15メートルほど高い場所だったのだから。それが、明らかにかなり削られてなだらかになり、公園とURの宅地内にも道路が整備されているようだ。
土地の形質を変更する工事は、かくも長大な時間を要するのかと感心させられる。

来年の春には、移植されたと聞いている旧競輪場敷地内の桜が咲いてくれるかもしれない。
この程度の勾配なら、うちの婆さんを連れて、花見にも行けるような気がしてやっぱりコンパクトなホイールチェア用意しておこうと思った。

あ、取り合えず一か所目的の場所は見つけたので明日詳細調べることにしたが、最短ルートではない東台への道は一旦下って上るのでしんどかった。
小学区の低学年の時、毎日やってたとは我ながら信じがたい。それも遊びながら行き来してたのだから。

COVID19も落ち着いて、来年の桜は楽しみたいものだ。

2020/07/09

  購入・売却相談、借地・底地問題、不動産相続、資産活用相談

お問合せは下記ボタンからお願いします。

◇ 取扱物件の内見希望もこちらからお願いします。

◇ 初回相談は無料です。

◇ ご相談エリアは原則として 東京・神奈川です。

◇ お電話の場合 070-8403-0405
 (電話受付可能時間 10:00~21:00)

◇ 問い合わせ先住所 
  〒230-0078 横浜市鶴見区岸谷4-27-14-415

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です