不動産と融資のこと

かぼちゃの馬車騒ぎで、なんだかぼろくそに言われてる銀行があります。

By kamonegi101.3 – 自身で撮影, CC 表示-継承 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=10841438

 

初めて取引で利用させていただいたのは15年位前かな。

一応基準金利というのがあって、他行は優遇金利の競争やってた。

上場企業勤務・公務員は店頭金利より̠̠マイナス1%とかね。

 

新鮮だったのはあそこは割増金利制度だったこと。

独身だとプラス0.2、自営だとプラス0.3とか、で出来上がりで店頭金利プラス1.2~2%位だったと記憶してる。

すまいとして不動産が欲しいユーザーはいろいろいて、でも銀行の基準は結構シビアだったし、抜け穴だらけのフラット35も始まるか始まらないかのころに、貸してもらえるだけで助かったと思ってる人たくさんいると思う。

なぜなら、人間の命には限りがあって、時間はお金をじゃ買えないってことなんだよな。

必要な時に、そのリスクに応じて資金を出すことができるってのは本来は金融機関にとって生命線ともいえる能力だと思う。

通常の住宅融資なんぞ個人信用以情報以外の担保評価なんてまともにやってられないから、決まりきったスキームに乗らなきゃやんないところをなんかかっこよかった印象がある。

でもそれはやはり規模の問題で大々的に固定費がかかる状況になれば、リスク評価して融資するという基本線が崩れて、とにかく貸し出ししなきゃなんない状況に現場はなってしまったのかと思う。

そこにはモラル的な問題はあるだろうし、ある程度の社会的制裁は必要かもしれないが、モリ率いる金融庁の態度はダメだよ。散々持ち上げておいてって気がする。

あと、かぼちゃで損した人は欲だして不勉強だったんだから仕方ないんじゃねえかと思ってます。
そんなに簡単に儲かるはずないこと気づくよ、普通。

普通の勤め人が1億投資して失敗すれば破産するのはむしろ当然。あまり人のせいにするのはどうかと思う。
確かにかぼちゃは詐欺のような内容だけど、それなりにちゃんとした人でなきゃ融資でないから甘かった部分も大きいと思うんだ。

住宅を欲しい人と不動産投資する人とニーズは違うので今後も頑張ってニッチ埋めてほしいと思います。

2018-05-18

 

Follow me!

  購入・売却相談、借地・底地問題、不動産相続、資産活用相談

お問合せは下記ボタンからお願いします。

◇ 初回相談は無料です。

◇ ご相談エリアは東京・神奈川・千葉・埼玉です。

◇ お電話の場合 070-2327-6936
 (受付可能時間 10:00~21:00)

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です