整理するの大事@大井町・鶴見20231009

自宅の仕事部屋も結構アレですが、事務所の書類のうち銀行の審査関係の書類がもうごちゃごちゃ。
これ現地やモデルの販売センターでもそうなんだけど、なぜ銀行が変わると書式変わるのかってことと、なぜ年中書式変更して、古いものだと使えなくするのかっていうことが原因と思うって入るものの、先方からすると「変わったら最新のものお送りしてますよね?」でKOされてしまうだけなのだ。

各金融機関ごとに添付書類の書式も違うし、複写もあれば両面記入のものもあるし、書式めんどくさければアプリでどうぞって、確定申告書3期分アップとか顧客に言えないし、古い書式いつ捨てるの?ってことでたいていごちゃ混ぜになってる。いや僕たちが悪いんですけど。

頻度のあまり多くない様な書式探すときは、アレンジャーひっくり返して調べるのですが、たいていの場合古くて使えない。それも僕たちが悪いんですけど。
ここまでやっるのに銀行さんが暮れるのは卓上カレンダーとボールペンくらい。当たり前だが。

そんなことで結局今日は渋谷新宿目黒の旅出でること相成りました。山手線の旅~♪めんどくさい。

古い資料も必要になる時があったり、古い取引のことでと言わせあったりするので資料は極力とって置くマンだし、そもそもなんでも捨てられない人なので仕事部屋は大半が紙の山で、それもほぼ見ないものばかり。できるだけPDFにしようとある程度定型の契約は何とかしてるけど、個別の資料はなかなかペーパーレスにできないでいる。
ペーパーレスにしても索引とかフォルダ名の規則とかきちんとしないとかえってなんだかわからなくなってしまうしね。

今のところ顧客名でフォルダ作ってそこに突っ込んでおくのだが、日付入れるの忘れてたからそこが改善点でいまは日付+内容でフォルダ名にしてる。過去分が僕にとっては膨大過ぎて直すのは困難だな。

紙にしろ、データにしろ、最初からしっかりやっておくこと大事だね。
時間の無駄遣い減らさなきゃ。

  購入・売却相談、借地・底地問題、不動産相続、資産活用相談

お問合せは下記ボタンからお願いします。

◇ 取扱物件の内見希望ボタンがない場合こちらからお願いします。

◇ 初回相談は無料です。

◇ ご相談エリアは原則として 東京・神奈川です。

◇ お電話の場合 090-3524-0523
 (電話受付可能時間 10:00~21:00)

◇ 問い合わせ先住所 
  〒230-0078 横浜市鶴見区岸谷4-27-14-415

◇ 不動産仲介業務は株式会社VIRTUDE【東京都知事免許(3)第93343号】と提携して行います。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました