災い転ずるには@鶴見20220831

ラジオ体操だん。
今朝の残暑感は台風のせいだろうか。
何せ今年最強とのことで位置からみても南の風が吹き込んでくるからこちらは暑くなるのも無理はない。
これからどう動くのか気になるがこのまま水不足といわれる大陸方向に向かって恵みの雨になればいい(弱まってほしい)

災害が起こるとやれ防災のためとかで後付けの設備投資がされることが多いが、高々数十年の耐久性の人工物が自然に勝てるわけがないのだ。
災い転じて利権となるみたいな話ばかりで嫌になる。
水害がいやなら坂道で日常はきついが大地に住めばいいのだ。地震にも強いし。
東京横浜に関して言えば利便性の高い場所はたいてい災害には弱い立地だ。本当に災害に耐久性の高い街を作るなら全面的な都市計画の見直ししたりしなきゃなんない。
これまでそうした施策をしたのを見たことがない。

いま未来のこの国に求められているのはいろいろなことを30年後くらいまで見据えた本来の意味での「骨太の方針」なのだろうなと思う。
権威主義的といわれる国家群が比較的うまくいっているのは長期計画が立てやすいということに要因はありそうだ。

選挙で政権が変わるということは方針が変わる可能性を常に孕んでいるから難しい面は確かにある。
とはいえ全体の向上のための道筋にそう大きな違いがあるでもないと思うと目先の災害への対応とは違う方法で決定しないといけないのではないかと思う。

普通選挙による政権の選択なんてここ100年も歴史のないことだ常に改良していかないといけないのだろう。
僕も毎日同じもの食べてダラダラしてないで今日一日新たな気持ちで頑張ろう。

  購入・売却相談、借地・底地問題、不動産相続、資産活用相談

お問合せは下記ボタンからお願いします。

◇ 取扱物件の内見希望もこちらからお願いします。

◇ 初回相談は無料です。

◇ ご相談エリアは原則として 東京・神奈川です。

◇ お電話の場合 090-3524-0523
 (電話受付可能時間 10:00~21:00)

◇ 問い合わせ先住所 
  〒230-0078 横浜市鶴見区岸谷4-27-14-415

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。