見たいものしか見えない

今日はワクチン接種の翌日なのであまり動かず静かにしてる。
ラジオ体操くらいは後でやろう。

COVID19に関することは、厚労省や横浜市の発表することはなんか変なバイアスかかってるように感じるし、致し方ないけど行政のキャパが限られる中で、上位方針がずれていてプライオリティが必ずしも高くない作業に追われて本来必要な情報の提供は遅れている気がしているので、ネット特にツイッターでのいろいろな人の発信している内容を素人なりに咀嚼して自分で判断して動いたほうがいい、と思ってる。
若い人でも接種後からあまりたたな時期での運動はどうもあまり好ましくないみたいで、さぼりたい自分としては朝の運動をしない理由にできる。

Twitterの情報は良くbioに「個人の見解で組織と関係ありません」なんて書いてあって、匿名のアカウントも多いからオーソライズされてないという意味では便所の落書きなのだが、結構ちゃんとした組織のちゃんとした人だったり、マスコミに良く登場する著名人であったりするのでたくさんの情報源の一つとしては有用だと思ってる。

今日見ていて面白いなあと思ったことがひとつ。
これ東京都の発表する資料の一つ。

新型コロナウイルスに関連した患者の死亡について(第2355報)

なのですが

こういう風に見る人もいる一例がこちら

「コロナはもう終わった」と言ってる人から見るとこれはCOVID19と関係なく亡くなった方を後追いで調べたら感染してただけだよね、と見える。

 

かたやその見方には全く触れない方がこちら

前の方は実名で著名なWEBとかでたくさん仕事してる人。最初のころただの風邪と言ってた人。
あとの方は匿名ですが、少し調べれば科学者で割とオフィシャルな仕事の方のよう。

人それぞれだと思うけど、東京都の感染症にたいする情報公開の怪しさを常々感じてる身としては、隠しておきたかったけど隠しきれない感染症による死亡、それも亡くなる直前まで検査施しておらず確定診断していない=手当てしていない無念の死と判断した。
前者の判断は日付だけ追って、事実上医療法崩壊と言われる状況は見えないことにしてるように思うだな。
そのことから推測するに、隠しておきたい事実でさえもう隠しきれんように見えてきていることと、実態の数字をずっと追いかけている後者のアカウント総合すると、前者の主張は「アホか」となるのであります。

いずれインフルエンザの様になっていくのか根絶されるのかわからんけど、今しばらくはこの状況は続く。
今の政府には早期に感染を収拾する能力はなく、政府周辺の医療官僚さんたちは収拾しないほうがインセンティブ高い状態に見える。彼らには経済がどうこうとか格差のつけられた人たちがどうなるかとかあまり関係ないのかもしれん。

自分のことは自分で何とかしていくしかないし、このままではこの国に未来はないといった次男坊との数年前の話が実感できて、やはり若者のほうが感度良いなと思ったりする。

公式発表じゃないから自己判断だけど、いろいろな見方に触れらるのは、つい30年くらい前の自分ら若かった時とは大違いですな

2021/08/18

  購入・売却相談、借地・底地問題、不動産相続、資産活用相談

お問合せは下記ボタンからお願いします。

◇ 取扱物件の内見希望もこちらからお願いします。

◇ 初回相談は無料です。

◇ ご相談エリアは原則として 東京・神奈川です。

◇ お電話の場合 090-3524-0523
 (電話受付可能時間 10:00~21:00)

◇ 問い合わせ先住所 
  〒230-0078 横浜市鶴見区岸谷4-27-14-415

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です