雲行きというか先行き

設備投資、10~12月4.8%減 法人企業統計

日経の記事。数字の報道はシビアだ。
株価やマンション価格の上昇が取りざたされても足元の実務は縮小を先読みしてるということなのか。

先日ちらっと見てたWBSで滝田氏が「労働分配率が低いままま」だから若者が小口の投資、ロビンフッドのような形で資本家として(そういう言葉じゃなかったかも?)参加して賃金でなく配当を得ようとしているって言ってった。

資本は無きゃ企業活動はできないけれど、そこに土地と労働が無いと何も生まないはずなんだけど、労働分配率を軽視し続けた結果、労働より資本を蓄えて配当を得るほうが魅力的になったということは間違いない。

フィンテックのせいで小口の投資も簡単になって、それはそれでいいのだけれど、じゃ何かを作って―特に食い物-需要にこたえることが軽く見られすぎてことは危惧している。

なんやかんや言ってんも中国の製造業は今んとこ世界を席巻していて、機能だけ考えれば別にアイフォンじゃなくてもいいし、そもそも作ってるの中国の労働力だし。

SDGSとか言ってるけど食わないわけにはいかないので、そこらへんどうなのよ?って気分です。
日本は海と山があって、大量に雨が降って、樹木も育つ。
そこんとこどう使うかが分かれ道だと思うのだけれどね。

設備投資減ったけど、森林の整備や水資源の活用してます!だったらいいのだけれど。

2021/03/02

  購入・売却相談、借地・底地問題、不動産相続、資産活用相談

お問合せは下記ボタンからお願いします。

◇ 取扱物件の内見希望もこちらからお願いします。

◇ 初回相談は無料です。

◇ ご相談エリアは原則として 東京・神奈川です。

◇ お電話の場合 090-3524-0523
 (電話受付可能時間 10:00~21:00)

◇ 問い合わせ先住所 
  〒230-0078 横浜市鶴見区岸谷4-27-14-415

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です